公衆wi-fiを安全に使うVPNについて

こんばんは、ぺてです。今日は「無料Wi-Fi」を安全に使う「VPN」について説明していこうと思います。

無料Wi-Fiはなぜ危険なのか

Wi-Fiを使った無線LAN通信について図で簡単に説明するとこんな感じです。

家庭内や会社内で使う場合は点線の部分がパスワードで保護することができます。しかし、公衆の無料Wi-Fiはパスワードなしで接続できたり、共通のパスワードを使って接続をします。パスワードが無かったり、共通だと点線の部分の通信内容が悪意のある第三者に簡単に盗まれてしまいます。

自分の住所やパスワードなど他人に知られてはいけない個人情報が簡単に盗まれてしまうのです。

そこで、点線の部分を安全にするためにVPNを経由して通信をするという方法を取るわけです。

VPNとはなにか?

Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク、VPN)は、インターネット(本来は公衆網である)に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークである。VPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現される。

仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれる。

— 出典 : Wikipedia 「Virtual Private Network」

Wikipediaの説明を読んでもよくわからないですね。

ざっくり説明するとVPNは「仮想的なプライベートネットワーク」ということで、色んな人が利用するインターネットの中に仮想的にプライベートなネットワークを作る技術です。

図で説明するとこんな感じです。

端末からVPNサーバーまでの赤線の部分はプライベートネットワークとして扱う事ができ、独自の暗号化ができます。このためパスワードがない無料Wi-Fiでも、情報を盗み取ることが難しくなるということです。

VPNを利用するには

VPNを利用するには上記の図にあるようにVPNサーバーに接続する必要があります。自分でサーバーを接続するには手間と時間とお金と専門的な知識が必要でかなり大変です。

そこで、セキュリティ会社等が提供する「VPN接続サービス」を利用するという方法があります。

上記はGoogleで「VPNサービス」で検索した結果ですが、色々な会社が様々なサービスを提供しています。

ところが、各サイトをみるとわかるのですが、それぞれ月額〇〇円の有料サービスとなっています。無料のサービスでも、月〇〇Gまでと通信量に制限があります。

無料で制限なしでVPNを利用することはできないのでしょうか

筑波大学の学術実験サービス「VPN Gate

筑波大学における学術的な研究を目的として「VPN Gate」が提供されています。「VPN Gate」を使用すると世界中のボランティアが提供する多数の VPN サーバーに無料で制限なしで接続することができます。

「VPN Gate」については下記公式サイトを御覧ください。

ようするに、VPNを利用することによって「政府の検閲を回避する」などの効果を研究するために「VPN Gate」を実験提供しているということで無料で使用できるというわけです。

Windowsだけでなく、MacやLinux、iPhoneやAndroidでも「VPN Gate」を利用することができます。
接続する方法については公式サイトの接続方法のページを参考にしてください。

「VPN Gate」の注意点

VPNサーバーを運営しているのはボランティア

「VPN Gate」のVPNサーバーは筑波大学が運用、管理しているわけではありません。有志のボランティアによって運用、管理されています。

VPNサーバーのボランティアになるためには筑波大学による一定の審査が必要になるらしいのですが、悪意のある人がVPNサーバーの管理者の可能性も(低いとは思いますが)ありえると思っておいたほうがいいでしょう。

VPNサーバーより先のセキュリティは不明

これは「VPN Gate」のVPNに限ったことではないのですが、VPNサーバーより先は通常のインターネット回線に接続します。可能性は低いですが、VPNサーバーより先は通常のインターネット回線でデータの盗聴されることもあります。

防ぐためには「HTTPS」や「SSL」など暗号化された通信をすることです。

「VPN Gate」を使用した感想

私は「Windows10」のネットブックでしか使用していないのですが、速度もストレスなく使えて、特に不満を感じることはありませんでした。といっても、まだ「無料Wi-Fi」を使用したことがないので、「無料Wi-Fi」で「VPN Gate」の検証はまだ行っていませんが。。。

まとめ

今日は「無料Wi-Fi」の危険性と、「無料Wi-Fi」を安全に使う「VPN」について説明し、無料で使える「VPN Gate」について紹介しました。

正直な所、重要なデータを通信で扱う場合などで、セキュリティについてしっかりと考えるのであれば「VPN」も有料サービスを吟味して使用するのが望ましいと思います。(そもそも、歯しっかりセキュリティについて考えるのであれば「無料Wi-Fi」に接続しないのが一番いいと思います。)

私の場合は、そんなに重要なデータを「無料Wi-Fi」で扱うことがなく(そもそも、そんなに重要なデータがないのですが…)、無料で「無料Wi-Fi」のセキュリティを高めることができる「VPN Gate」を今後も使用していくつもりです。

「無料Wi-Fi」に何も考えず気軽に接続するのはセキュリティ的にとても危険な行為です。

無料で制限なくVPNを使用できる「VPN Gate」。導入も簡単にできるので「無料Wi-Fi」のセキュリティについて何も考えたことない人も試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク